スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキングへ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本人が一生使える勉強法
2014 / 09 / 01 ( Mon )

日本人が一生使える勉強法 (PHP新書)日本人が一生使える勉強法 (PHP新書)
(2014/08/18)
竹田 恒泰

商品詳細を見る


前回紹介した、養老先生のとなりにいたこの本。
思わず手に取ってしまいました。さんまのまんまでゲストに来ていて、
思ってたよりいい子だな。
と好感度アップしたので読むことにしました。
どうも、やしきたかじんのそこまでいっていいんかい、に出てたような気がしていたけど、出てたらしいです。たまにしか見ないので見ておけばよかったな〜と思います。
余談ですが、今なら伊勢神宮または明治神宮の竹田さんといこう!企画の応募券が入っているので興味があれば。(各30名さまで締め切りが来月末なんだけど、本のカバーの3角部分を切らなきゃいけないのが、なんだかこっ恥ずかしいのでなかなか竹田さんプレゼントには手がでません)

さて、まさかと思ったけど、養老さんとかぶります。

「自分」の壁 (新潮新書)「自分」の壁 (新潮新書)
(2014/06/13)
養老 孟司

商品詳細を見る


結局日本人が西洋人の思考をそのままに 勉強や仕事をしたところで、根底が違うでしょ?
という話。それが、良いとか悪いとかそういうことじゃなくて、日本人でしょ?
という話。

人との接し方とか人にものを頼む時にこととか、勉強の本気度とか、
なんだか当たり前すぎることを当たり前に書いてあるんだけど、
ココ最近、そういうのがなかったから逆に新鮮だな〜。と思います。

ちょっと次元が違いすぎて、私のような専業主婦には「ふううん。」て感じになってしまう悲しい結果だったんですが、

最後に惜しまれて死ぬことが幸せでしょ?
とかいう部分はわかるな〜と思いました。

自分一人の体じゃないんだから。
みたいなかんじのことは実にそうだなと思います。自分が死んだら少なからず周りの人には衝撃を与える訳で、悲しんでくれるとかそういうこと以前に、周りの人に生かされているんだなという話です。

ほんと、養老さんとすっかりかぶっています。
養老さんのは対談してからすっきりまとめて書かれている文章なのでフラフラフラ〜っと飛びまくる本ですが、竹田さんのは後援会を聞いているようなツラツラツラ〜っとしている文章です。

文学ではないのでこれで良いんだと思いますが、そろそろ文学っぽいのを読んだ方がいいなあ。と思う今日この頃です。

日本再発見。日本人が日本が好きな話はあまり好きではなかったんですが、
器用だからとかいう理由で日本が再建できた訳ではなく、日本の根底から流れている意識そのものが日本再建を導いたということがよくわかりました。

一瞬、いやみな本ですが、実物は好印象な人物なので、テレビの竹田さんを体感してから読むと 受け入れやすいと思います。



人気ブログランキングへ
07 : 34 : 03 | 本 一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2014年小4夏 終わり | ホーム | 「自分」の壁 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blog44c.blog76.fc2.com/tb.php/553-43aad683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。