スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキングへ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ととと、さかな。うなぎ。その他息子の近況。
2012 / 08 / 20 ( Mon )
夏。
夏が来たと思ったら、なにやら秋の気配。。。



さかなクンの水族館ガイド (このお魚はここでウォッチ!)さかなクンの水族館ガイド (このお魚はここでウォッチ!)
(2012/08/06)
さかなクン

商品詳細を見る



さかなクンの水族館ガイド。
息子、かなりご満悦。
実家の新聞の新書コーナーを切り取り持ってきました。
最近の彼の熱意は 本と凄いです。
さかなクンの文字を見逃しません。この本の詳しいことはHPまで。
昨日の
サイエンスゼロで うなぎ の特集していましたね。みました?

価格の高騰が止まらない「うなぎ」。いったいどうしてなんでしょう? 
実はウナギはつい最近まで、どこで卵を産むかさえわからない、謎に包まれた魚でした。ウナギの生まれ故郷は、太平洋の真ん中、マリアナ海溝付近。はるか2000キロも太平洋を泳いで産卵します。そして生まれた稚魚は、海流に乗ってはるばる日本へやってくる。そんなすごいことを繰り返している魚なんです。
ところが! 最近その旅路に、ある激変が起きました! なんと、産卵場所がわずかに南へずれた結果、稚魚たちが海流にうまく乗れず、太平洋で次々と死んでいるというショッキングな事実が分かったのです! ウナギを襲う様々な過酷な運命! ウナギ激減の本当の原因に迫ります。
NHK HPより

息子、知ってる知ってる〜!
といばりたおし、私の命じた用事も忘れ、夢中になっておりました。


うなぎといえば塚本先生
http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientistweb/no68/ 興味があればみてください。

息子があまりに夢中なため、ついつい私も本を読む羽目に。

うなどん。。。
まさかの学術書?いや、冒険ストーリー。

うなドン 南の楽園にょろり旅うなドン 南の楽園にょろり旅
(2011/02/18)
青山 潤

商品詳細を見る


アフリカにょろり旅アフリカにょろり旅
(2007/02/10)
青山 潤

商品詳細を見る


このあたりで、うなぎのロマンを感じてから、
ついに手にしてほしいこちら。

旅するウナギ―1億年の時空をこえて旅するウナギ―1億年の時空をこえて
(2011/08)
黒木 真理、塚本 勝巳 他

商品詳細を見る

こんな美しいうなぎ本がいまだかつてあったでしょうか?
知りたい情報はこの1冊でことたります。

そして うなぎ最新刊といえば こちら。

うなぎ・謎の生物 (水産総合研究センター叢書)うなぎ・謎の生物 (水産総合研究センター叢書)
(2012/06/28)
太田 博巳、香川 浩彦 他

商品詳細を見る


小難しそうな本にみえるかもしれませんが、意外と軽いタッチで、うなどんと同じくらい 小気味よいリズム感で読める本になっています。


それにしても、だいぶうなぎにおかされている私。
こんなことでいいのだろうかと思いつつ、
食用されているほとんどのうなぎは 雄なんだよ。
なんてついつい言ってしまうのです。


理由を知りたい方、ぜひ!お読みになって。
うなぎ・謎の生物 (水産総合研究センター叢書)うなぎ・謎の生物 (水産総合研究センター叢書)
(2012/06/28)
太田 博巳、香川 浩彦 他

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ
13 : 43 : 23 | Herz 子供の気持ち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<息子、小学2年生 テニスを習う。 | ホーム | 息子8歳になりました。>>
コメント
----

この夏は高くて食べずに終わったウナギ・・別のもので蒲焼作って子どもに食べさせたよ(笑)
↓いつのまにかすっかり海のものに魅了されてしまってるんですねぇ。それにしても取材までうけたってスゴイ。どういう経緯でなったのでしょうか。好きこそものの・・ってのを地でいってるね。この興味を伸ばしているからしーちゃんさんはスゴイとも思う訳です。。
by: @みかづき * 2012/09/09 13:48 * URL [ 編集] | page top↑
--みかづきさんへ--

ほんとに、どういう経緯でしょうね。
我が子ながら驚きなのですが、「ぼくがどんなにうなぎがすきか」ということを恐れ多くも東海テレビさんへ自らアピール、
あれよあれよと取材がきまり、おもしろキッズ枠を勝ち取り、わずか数分の時間ではありましたが、とても親切な編集により、「へんなうなぎ好き」ではなく、「探究心旺盛な少年」として放映されました。
好きなことってすごいですよね。。。

> この夏は高くて食べずに終わったウナギ・・別のもので蒲焼作って子どもに食べさせたよ(笑)
> ↓いつのまにかすっかり海のものに魅了されてしまってるんですねぇ。それにしても取材までうけたってスゴイ。どういう経緯でなったのでしょうか。好きこそものの・・ってのを地でいってるね。この興味を伸ばしているからしーちゃんさんはスゴイとも思う訳です。。
by: しーちゃん * 2012/10/12 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blog44c.blog76.fc2.com/tb.php/522-8a178764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。