スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキングへ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
きみちゃんの転勤がきまりました。久々の絵本紹介。
2011 / 02 / 26 ( Sat )
参りましたねぇ。。。
息子の愛するお嬢様が転校です。息子にはまだ言えません・・・

転勤族のきみちゃんのお宅、転勤がきまりました。
移動が多いとは聞いていましたが、ほんとに、多いね。。。
お知り合いの皆様、ご一報を。。。

さびしくなりますなぁ。。。





どくしょのじかんによむ本〈2〉小学1年生 (読書の時間によむ本小学生版 (2-1))どくしょのじかんによむ本〈2〉小学1年生 (読書の時間によむ本小学生版 (2-1))
(2004/02)
西本 鶏介

商品詳細を見る


さて、ひさしぶりに にわか絵本。


○もくじ

たんぽぽのサラダ <立原えりか> ・・・・・・5
きょうはなんてうんがいいんだろう <宮西達也> ・・・・・・13
どうぞのいす <香山美子> ・・・・・・27
やさしいライオン <やなせたかし> ・・・・・・37
かえりみち <あまんきみこ> ・・・・・・49
きつねのぶどう <坪田譲治> ・・・・・・61
すなばのだいぼうけん <いとうひろし> ・・・・・・71
おはじきぱっちん <矢崎節夫> ・・・・・・81
るすばんの夜のこと <大石真> ・・・・・・93
こみち <もりやまみやこ> ・・・・・・107

 解説 <西本鶏介> ・・・・・・115

というラインナップです。

なんてすばらしいラインナップだとおもいませんか?
絵本とは また違う、(絵はもちろんついてはいますが)文字から伝わる温かみというものを感じます。

またオリジナルの絵本のほうを読み返したくなります。
いくつかおいておきますね。

たんぽぽのサラダ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)たんぽぽのサラダ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
(1987/03/10)
立原 えりか、いわさき ちひろ 他

商品詳細を見る

タンポポのさらだなんてなんてかわいいの!うさぎさん!

きょうはなんてうんがいいんだろう (大きな絵本)きょうはなんてうんがいいんだろう (大きな絵本)
(2010/12)
宮西 達也

商品詳細を見る

「おまえうまそうだな」などで有名な宮西達也さん。
独特のブラックユーモア。宮西さんの作品のなかで一番大好きだったので、うれしい!

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
(1981/11)
香山 美子

商品詳細を見る

小さな子供のしつけ本として必ずでてくるこちらの絵本。
主人公はまさかの やぎ。 私はそこがいちばんツボにはまってます。

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)
(1982/01)
やなせ たかし

商品詳細を見る

アンパンマンでおなじみ やなせたかしさん。

みなしごのライオン。。。というところでつまづく息子。
「みなしご」を辞書引きさせ、「親の無い子」という簡潔な文句で言い現わされており、なにか虚しさを感じる私です。

内容は・・・
みなしごのライオンがいぬのお母さんに育てられ、優しく立派なライオンとなり、
巣立ったものの、年老いた育ての母から遠く離れてしまったことに後悔をする話。
ラストはやけに悲しい。

男の子を持つ母としては、巣だったんなら、別に戻ってきてほしいとも思わないし、立派にやってくれてんならそれでいいような気もしますが。やなせさんの心の絵本といったところでしょうか。

かえりみち (あまんきみこ おはなしえほん)かえりみち (あまんきみこ おはなしえほん)
(1979/07/20)
あまん きみこ

商品詳細を見る


これ、こんなに昔の絵本だったんですね。
「あしたもあそうぼうね」や「ちいちゃんのかげおくり」なんかが有名でしょうか?
いつもあまんさんの本は最後に少し切なくて、あったかいものをかんじます。
この「かえりみち」も
お友達を助けてあげようという心から それぞれの「かえりみち」を探してあげるのですが、
自分自身の「かえりみち」がわからなくなって、
助け合いがどんどん続き、最後はみんな、それぞれ「ありがとう」という感謝のきもちを持つ。

そんなあったかなお話です。かわいらしいです。


・・・長くなってきたのでまた後日続きを書きます。

おたのしみに~



人気ブログランキングへ
09 : 25 : 08 | Bildbuch 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<YAMATO 永遠に。。。 | ホーム | 息子、ハブを飼うの巻。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blog44c.blog76.fc2.com/tb.php/480-306a6e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。